特集 歯肉炎と歯周炎

歯周組織には歯肉・歯槽骨・歯と歯槽骨をつなぐ歯根膜などがあります。

歯肉炎

 歯の周囲には歯肉で形成されたポケット状の部分があります。

 歯肉が炎症により腫脹しポケットが深くなった状態が歯肉炎です。

 ほとんどの人に認められ部分的なものから全顎に及ぶものまで色々です。

 原因の第一はプラ−ク(歯垢)や歯石などの汚れです。

 自覚症状を感じることがほとんどなくブラッシング時の出血程度の場合が

 多いようです。この時期に必要な事はきちんと汚れ(プラ−ク・歯石)を

 落とすことです。プラ−クはブラッシングで落とせますが歯石は除去

 できませんので、定期的に歯科医院で除去する必要があるのです。

歯周炎

 歯肉炎が続き改善されないでいると歯を支えている歯根膜や歯槽骨

 壊されていきます。

 歯肉炎が歯肉に限局しているのに対し、歯周炎は歯を支えている

 歯槽骨が壊されていくという症状がプラスされます。

 歯槽骨の破壊が、ある部位に限局しているのか、全顎的に進行して

 いるのかなどで原因・対処方が考えられたりします。

原因 

 歯肉炎・歯周炎共にプラ−ク(歯垢)・歯石などの汚れが第一ですが

 咬み合わせのバランス、口呼吸、歯ぎしりなどの悪習癖も原因と

 なります。歯肉炎で深くなったポケット内の炎症が繰り返され

 歯根膜や歯槽骨が壊され、徐々に歯が動き出します。

 木を抜く時、色々な方向に揺すって抜くように、動き出した歯にも

 色々な力が加えられ増々歯の動きは大きくなっていきます。

 歯周炎が進行していくと、歯を保存できる可能性が少なくなっていき

 やがて自然に抜けてしまうこともあります。

歯肉炎・歯周炎共に自覚症状が少ないため放置されることが多く

特に虫歯になりにくい方など歯科の受診機会が少ない方ほど

症状が進行してから来院されることが多いようです。

歯ブラシ時の出血、咬合痛、歯に力が入らない、不快な味や臭い

など気になることがある時は早めに受診するようにして下さい。

虫歯・歯肉炎・歯周炎なんでも早期発見、早期治療が大切です。

歯石は半年−1年に1度は除去するよう心掛けて下さい。

この間隔で受診する事は、早期発見に効果的です。

定期検診を習慣づけ、お口の中の状態を把握し、良い状態に

保つことをお勧めします。